« 曽爾高原に行ってきました | トップページ | 正倉院展が始まりました »

2015.10.04

第67回正倉院展

正倉院展の季節がやってきました。

2015

7月に奈良であった研修会の記念講演の題目が正倉院展秘話でした。
内容は
・昭和18年宮内省は「時局ノ緊迫ニ鑑ミ」正倉院宝物を分散することを決定し、奈良帝室博物館の収蔵庫に267件の宝物が移される
・昭和21年、これらの宝物を正倉院に戻す際、一目見せてほしいという奈良県民の声があがる。
・昭和天皇→「よかろう」→正倉院御物特別拝観として33件を奈良帝室博物館で展示し14万7千人が訪れる。
・入館者の感想は一様に「生きる力が湧いた」だった。
・次の年も、その次の年も、正倉院と博物館が協力し開催し、1~49回目までは、回数や年号の記載がなかったが、50回を記念して第50回正倉院展と初めて回数が付く。
・一度展示したものは再度展示しない。
・一日の入館者平均14,000人…世界一
というものでした。
この期間は周辺の寺も特別拝観を催していますので、秋の奈良を歩いてはどうでしょう。

« 曽爾高原に行ってきました | トップページ | 正倉院展が始まりました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 曽爾高原に行ってきました | トップページ | 正倉院展が始まりました »