« 歴史を語る資格がない? | トップページ | 秋?の夜長を »

2010.08.21

モンクロシャチホコガ

R1018004

彼岸桜の葉に集団発生しました。
釣りえさの赤虫(ユスリカの幼虫)を大きくしたような幼虫が、身を寄せ合っています。
来週の桜の木を想像するとぞっとするので、申し訳ないけれど駆除しました。

R1018003


« 歴史を語る資格がない? | トップページ | 秋?の夜長を »

コメント

こんにちは
コメントありがとうございました。
今年(H25)は、アゲハなどの幼虫は毎年と同じように出現していましたが、時々スズメガの幼虫を見かける程度で、思い起こせば蛾の幼虫が少ない年でした。
大発生のサイクルがあるんでしょうかねぇ。

私のモンクロシャチホコの本当の観察は
地面に落ちている大量の糞から始まりました。
しかもその糞は香がするのです。
サクラの木を見上げれば葉がほとんどありません。
更によく見ると数えきれないほどの黒い張本人が
葉を食い荒らしているではありませんか。
周りを探すと赤い若齢幼虫もいました。

幼虫の糞は香がある
お盆前の頃,大量に幼虫が発生する
若齢幼虫は赤く終齢幼虫は黒い。
幼虫も香りがよく美味しいらしいです。

モンクロシャチホコの観察も驚きの連続でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128909/49212348

この記事へのトラックバック一覧です: モンクロシャチホコガ:

« 歴史を語る資格がない? | トップページ | 秋?の夜長を »