« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.27

ラピートのマスク

ラピートのマスク
裾の部分に8センチほどの突起が並んでいます。
ただの装飾に見えますが、案外、保守の際の足場だったりするのではないかと予想しています。

2010.07.26

伊吹山山頂?

伊吹山山頂?
伊吹山に設けられた、一等三角点です。
日本武尊像のある山頂の碑の東側、測候所のような施設のそばにあります。

2010.07.25

花盛りの伊吹山

花盛りの伊吹山
花盛りの伊吹山
花盛りの伊吹山
熱中症が心配な時期ですが、伊吹山です。
冬にしか登ったことがなかったので、山頂にこんなに人がいることが凄く新鮮です。

2010.07.24

ヤモ太、ウンカを狙うの図

ヤモ太、ウンカを狙うの図
夏の間は網戸がヤモリの狩猟場です。

2010.07.23

きしめんあまの(Whity うめだ)

久しぶりに、味噌煮込みでもと思い、立ち寄りましたが、あっさりときしめんを食べることにしました。
店の雰囲気が明るく変わっていたので、店の人に訊いたところ、2008年に模様替えしたそうです。
しかし、2年前といえば前回訪問の直後。
随分来てないんですね。

きしめんあまの(Whity<br />
 うめだ)
きしめんあまの(普通のきしめん620円より具が多く、その分値段も上がる)

2010.07.22

シンバルしか聞こえない

耳から線が出ている人が多くなりました。
今朝の電車では、周りの人が顔をしかめているのに、本人には通じず、かえって音楽にのって顎でリズムをとる始末です。

2010.07.21

3つ目の睡蓮の花

3つ目の睡蓮の花
出掛けに見たら、チューリップのように開き始めていました。

2010.07.19

海の日は六甲山

今日は海の日。
ということで、海に因んで、海が見える六甲山に登りました。
コースは、昨年通行止めで途中敗退したアイスロード。

海の日は六甲山
飲んだ水がすぐに汗となって蒸発するような天気

アイスロードは、その名の通り、六甲の池で取った氷を麓に運んだ道のようで、
確かに途中には荷車が通れるような幅の道があるけれど、
何度も沢を渉り、急な坂もあり、とても過酷な労働だったんでしょうね。

海の日は六甲山
鳥かごのような「六甲枝垂れ」

ガーデンパレスはカップルや家族連れでいっぱい。
回る十国展望台跡に鳥かごのような建物が建っていた。
これが、一昨年、若手建築家に跡地活用策のコンペの優勝作品なのでしょう。
私としては廃墟となっている、ロープウェイの表六甲線をなんとかしてもらいたいです。

2010.07.18

二匹目のカブトムシ

二匹目のカブトムシ
腐葉土の中をさぐったところ、蛹化したまま死んでしまったカブトムシがいましたが、萎びてしまっていて、雌雄の区別はつきませんでした。

2010.07.17

カブトムシが孵りました。

カブトムシが孵りました。
メスでした。
相方を見つけてこなくては…。

2010.07.16

ゴーヤ生活始まる

ゴーヤ生活始まる
今年の緑のカーテンはゴーヤで、どんどん実が成っています。
昨日のふうせんかずらより密度が高く、日光を遮る効果は高いけれど、苦いゴーヤ臭が漂うのが難点。

2010.07.13

アジサイの仲間でしょうか

アジサイの仲間でしょうか
今年は三宝の下水処理上のアジサイも見られずでした。
浄正橋近くの歩道で見かけました。

2010.07.12

無敵艦隊が皮肉でなくなった朝

堺に住んでいるとオランダ、ポルトガルとの関係が偲ばれるが、スペインとなると縁がない。
決勝は、昔のよしみと日本が善戦したチームに優勝してもらいたいのでオランダを応援していたが、朝起きたらスベインが優勝していた。

2010.07.11

近郊区間迂回乗車

近郊区間迂回乗車
桜井線の2両編成のワンマンカーで運行される現行車両です。

ローカル線は、こんな無機質な電車じゃなくクリームか朱色の気動車がよく似合います。

まとまった時間があったので、大阪~京都~木津~奈良~天理~桜井~高田~王寺から天王寺~西九条~福島を120円で迂回乗車してみました。

30年ほど前に乗ったときは、高田から和歌山線で和歌山に向かい、阪和線で天王寺へ出ましたが、今回は時間がなく関西本線を利用しました。

乗り換えは、奈良での桜井線への接続の20分一番長く、それ以外はすぐの待ち合わせでした。

しかし、当時は奈良・桜井・和歌山線が気動車で、本数も少なく木津か奈良で乗り換えに1時間くらい待ったように記憶しています。

2010.07.10

大阪市営地下鉄中央線

大阪市営地下鉄中央線
大阪市営地下鉄中央線
弁天町まで出かけた帰り、コスモスクエア回りで帰った。
地下鉄中央線は大阪港へ行くイメージだけど、公式のイメージカラーは、大阪城公園の緑色。
大阪市営地下鉄でただ1つ他のすべての路線と接続しています。

途中下車してATCやWTCを見物しましたが、相変わらす空き地が多い人工都市です。

2010.07.09

福島駅界隈

福島駅界隈
福島駅界隈
駅のすぐ横に踏切があります。
1時間に1往復、環状線に別れを告げた「はるか」が貨物線を下って狭い街中をすり抜けながら、梅田ヤードを経て新大阪へ向かいます。

2010.07.08

岸和田城と蛸地蔵

岸和田城と蛸地蔵
岸和田城と蛸地蔵
4月に初めて行った岸和田のがんこ「五風荘」での会合があったので、夕方のお城を一枚。
岸和田城の最寄り駅は、蛸地蔵駅。昔岸和田を襲った水軍を大だこが撃退した伝説が駅名の由来で、駅舎の高窓には、ステンドグラスでその様子が描かれています。
なお、駅の海側には「蛸地蔵」が建っています。

2010.07.07

山陰放送

山陰放送
玉造温泉に行った折、山陰放送ラジオが初めて受信できました。
写真は、受信報告書を送って一ヶ月後に送られてきたベリカードです。

2010.07.06

クリスピー・クリーム・ドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツ
平日の21時をまわっても30分待ちですから、19〜20時ならもっとすごいのでしょう。
もちろん買いませんでしたが、それほどまでに美味しいのでしょうか。

2010.07.05

ラピートとはるか

ラピートとはるか
ラピートとはるか
りんくうタウン駅にゆっくりと進入するラピートの横をはるかが追い抜いていきます。
内装は陳腐化してきましたが、ラピートのデザインはまだまだ素敵です。

2010.07.04

睡蓮の花が咲きました

睡蓮の花が咲きました
去年より花が大きいように感じます。

2010.07.03

千本松渡船

千本松渡船
大正区へ行った帰り、千本松大橋を渡ったついでに、すぐ下を結ぶ渡船を訪ねてみた。
観光船と化した天保山渡船と違い、こちらは貴重な地元の交通機関であり続けています。

2010.07.02

なぜなにも言わない~貴乃花親方

今こそ貴乃花理事の出番と思ったのですが・・・。
やはりこういう不祥事を解決するのは、放駒親方しかいませんね。

2010.07.01

満員電車のマナー

朝の電車では、流れに逆らわず、隙間に浸透していくことが大切。
今朝は、行く手を変に頑張る老人に阻まれ、行き場がなくなっているところに、後続の人が容赦なく進軍してくるものだから、デモ隊の最前列の人になってしまった。

件の老人、「押すなら押すと、断りを入れろ!」と怒り出したけれど、仮に予め断りを入れても「よし、押し給へ」とはならないでしょう。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »