« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

ウエストカナダ物語

最高にイカした三人組

颯爽と滑るシャーク団の3人、ではなく日本女子スケート選手たち。
これがなければもっとゆっくり寝ていたのですが、惜しかったですね。

2010.02.27

狭山池博物館

平成の大改修以後、初めて狭山池の周りを歩いてみた。
狭山池は一周30分ほどの7世紀に造られた日本最古のダム式ため池。
たくさんの人々が歩く散歩コースであるけれど、今日の目的は狭山池博物館の見学。

Sayamaike0
遠くに見えるのが安藤忠雄が設計した狭山池博物館

入場は無料。
コンクリートと石、そしてあふれそうな人工池で造られた博物館。
無機質2棟の建物には背の高い展示物が納められていて、大部分はそれをつなぐ地下室になっている。
館内は狭山池の歴史がわかるようになっていて、平成の大改修時に切り取られた堤を見ることができる。

Photo
堤を高くしていった履歴が地層になっている。

Photo_2
人間と比べると大きさがわかる

2010.02.24

福島のり子選手(女子フリースタイル)

惜しくも決勝1回戦で敗れはしたが、そのあとのインタビュー。
新しい競技なので、もっと日本の皆さんに良さをお伝えしたかったけど、私が負けてしまったことで、伝わるべきものが伝わらなかったかな」。

Apx201002240006

いいや、十分伝わりましたし、「お伝えしたかった」の下りにグッときてしまいました。

2010.02.21

女中と仲居

テレビ大阪で、東京の「野田岩」という老舗の鰻屋を紹介する番組があった。
東京と大阪では料理の仕方が違うので、別の料理として見ていた。
ところが、仕込みが完了し、開店を待つばかりのシーンで、着物姿の女性店員を「仲居さんもスタンバイ」とナレーション。
え?、関西が仲居で関東は女中じゃないの?
「細腕繁盛記」でも神山繁扮する大西館の旦那が、新珠三千代が経営する山水館との違いを、「こっちは女中だが、むこうはすべて関西流で、女中ではなく仲居だ。」というような台詞があったように思う。

もしかしてと思い、調べてみると、マスコミでは「女中」は対象者を不快にさせる用語とされ、「仲居」への言い換えを行っているようです。
女中はだめで、仲居はいいというのは、なんだか響きだけで決められたのじゃないのかな。

2010.02.20

和の五輪

和の五輪
カナダで行われているはずのオリンピックのロゴが、兼六園の石灯籠や「京」の文字に見える。

2010.02.19

どうしたものか

飛び飛びに座った中国人が間の客の怪訝な顔をよそに、大声で会話し続けている。
関西空港へ向かう電車の中でよく見かける光景ですが、中国語の持つ機関銃のような響きがそう思わせるのでしょうか。

2010.02.16

6時すぎたら30% 引き。

6時すぎたら30%<br />
 引き。
りんくうタウンの全日空ホテル2階のレストランが毎日やっている売り切れ御免のセール。
駅への連絡口にあるので時々利用しますが、今のところ売り切れに遭遇したことはありません。

2010.02.15

オリンピックの重圧

バンクーバーで冬季オリンピックが始まった。
メダルへの期待のしすぎは、かえってがっかり度を高くするので淡泊になりたいが、つい。

今回の上村愛子選手、4年前のスルツカヤ選手(フィギュアスケート)など世界戦であれほど活躍しても、オリンピックではメダルがない。
私には、心斎橋や西梅田のLouisVuittonの直営店では何とも思わないが、高島屋の中にあるVuitton売り場では緊張して買えないような、不思議な現象に思えるのですが・・・。

非常に特別な重圧があるんでしょうねぇ。

2010.02.12

神々しい

神々しい光
雲の隙間から日が射していました。神の降臨か国生みのシーンを見るようです。

2010.02.11

株式会社ライフメリットの菅谷と申します・・・架空請求メール

架空請求メールが届きました。
毎度毎度ご苦労なことです。
皆様もけっして連絡をとったりなさらないように。

2010.02.10

白い朝

白い朝
ゲートタワービルからはきめの細かい雲海に見えました。
夕刊の1面を「白い朝」と題した霧の関西空港の写真が飾っていましたが、
「白い朝」から連想するのは、ペルシャの晴れ渡った朝の風景、音楽で言えば久保田早紀の異邦人。

2010.02.09

かやくめし( 新梅田食堂街)

北千里からの帰り、お昼は新梅田食堂街でかやくごはんを食べようと天下茶屋行きではなく梅田行きに乗る。

かやくめし(<br />
 新梅田食堂街)
夜は立ち呑み屋に変わる

かやくめし(<br />
 新梅田食堂街)
普通でも十分大盛り

12時台のような行列はなく、空いた席に座る。
頼んだ日替わり(550円)は、かやくご飯、味噌汁と漬け物の基本のメニュー(400円)に野菜の煮付けが加わる。煮付けは、あら大根を選んだ。

阪堺電車の行く末

阪堺電車の行く末
堺のLRT計画頓挫で、阪堺電車のお荷物、堺市内区間廃止に現実味が増してきました。
そうなれば、この「あびこ道行」は、終点になるんですねえ。

2010.02.08

帝塚山四丁目駅( 阪堺電車上町線)

帝塚山四丁目駅(<br />
 阪堺電車上町線)
軌道敷を通ってきた電車は、ここから築堤を登って神ノ木駅で南海高野線を越える。
下りたところが住吉駅。恵比須町と浜寺駅前に向かう阪堺線と交わる要所。

2010.02.07

牡蠣が食べられない

牡蠣が食べられない
カキの季節ですが、牡蛎は大の苦手。
海老あたりは無理したら食べられないこともないけれど、牡蛎は無理することも無理。
そんな私には意味のないのが、このビール。
味は…薄い。

2010.02.06

石切さん参り

初めて石切神社(石切劔箭神社)に行ってみました。

R1019377_2
屋根の上の劔が珍しい

古くから「でんぼ」の神さんと呼ばれ、現在では腫れ物を治すが転じて癌・腫瘍などの治癒を願う人も参るようです。

R1019379_2
たくさんの人がお百度参りをしていたが、お百度石の間が近いので目が回りそう。

東京で言えば巣鴨のとげ抜き地蔵のような感じか

R1019378_2

近鉄石切駅から下る参道も賑やか。土産物屋や怪しい占いが建ち並ぶ。

2010.02.05

SoftbankのCM の品がないことについて

JELLY BEANSが出てくるのですがね。

2010.02.01

大手まんぢゅうの中身


電子レンジで20〜30秒温めるとできたての口当たり。見かけほど甘くない。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »