« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.29

荒地山から東お多福山

荒地山は、その名に反して、静かで登りやすい。
いつもあまり人とは出会わないが、蜘蛛の巣をよけたり藪こぎに悩まされたりしたこともないので、
ある程度人は通ってはいるのだろう。
元気に麓から川沿いに登るところだが、なにせ8カ月振りの山。
登山口の芦屋ゲートまでバスを使って高度を稼ぐことにした。
その有馬温泉に向かうバスには阪急芦屋川からではなく、
春から阪神なんば線が開通したので、直接阪神芦屋の始発から乗る。

荒地山から東お多福山

荒地山のコースは、ほとんど見晴らしがきかず、
頂上も木に囲まれた空き地だけで案内板があるのみ。
景色を見るためには頂上から西へ少し歩く必要がある。
道を外れた大きな岩に登ったところ、芦屋ゴルフ場の向こうに六甲の山々とその下に張り出す東お多福山が見える。

荒地山から東お多福山

遠くで電気かんなを使っているような音がする。
こんなときは、たいがいスズメバチの巣が近い。
見渡すと・・・足下の岩のクレバスの中が大きな巣になっていた。
モノでも落としていたら大変なことになっていたところだ。

そそくさと登山道に戻り5分ほど歩けば、ロックガーデンからの道と出会う。
ゴルフ場を横切り、「ここは雨ヶ峠」の標を右へとると東お多福山。
以前はサウンドオブミュージックの舞台のようなところだったが、
今は、尾根道の左右の篠地が刈られススキの草原復元化の最中なので、
見晴らしはあまり良くない。

荒地山から東お多福山

そのあとは、お約束の有馬温泉で血の池地獄で釜ゆでになり、カレーとビールをかきこむ。

2009.09.28

SW(シルバーウィーク)

SW(シルバーウィーク)
SW(シルバーウィーク)
SW(シルバーウィーク)
シルバーと付いても高齢者週間を意味しないけれど、
実際のところ、いたるところの観光地は高齢者だらけだから、年中シルバー状態ではある。

さて、そのSWを利用してあわじ花さじきまで行き、帰りは「たこフェリー」に乗って明石に渡り、玉子焼き(明石焼き)を食べてきました。
どちらかと言えば、本当の目的はこっちの方。

2009.09.21

お彼岸タイマー作動

お彼岸のタイマー作動中
去年は手の甲の怪我で散々だった秋分の日がやってくる。
裏の斜面にヒガンバナが咲き始めました。秋分の日は春分の日とともに天文学上の日のため、狂うことがないんでしょう。

2009.09.18

弱いから?冗談だろ?酒井法子

「皆様にご迷惑をお掛けしました。」
酒井法子の会見での発言。
別に皆様は迷惑をかけられたとは思ってはいないし。
迷惑と思うとしたら、あんたが、いまでもアイドル気取りできれいに化粧してテレビに映ることかな。

どうせそのうち、「ダメ、絶対〜私のようにならないで」なんて本でも出して、芸能界復帰するんだろうな。

2009.09.16

♪ラ・ジ・オ・聞くなら、朝日放送ぉ〜♪

東京ドーム11回表阪神の攻撃。
朝日放送ラジオの実況は伊藤アナ、解説は岡田前監督。
試合は、矢野のホームランで巨人に2点差をつけ、さらに次の浅井もヒットという場面。
球場のファンのイケイケの大騒ぎを伊藤アナはラジオという制約の中でなんとか状況を伝えようとしているのに、横の岡田氏は不満そう。

阪神ベンチが次の藤川に代打を送るか思案しているさまを見た岡田氏、
「そんないらんことしない方がええです…。」
「藤川を立たせておけばいいんですよ…。」

そして、左打席に立った藤川を見て、
「右に立たないと…、もー、右手に当てられたらどーするんですか…。」
「もっと後ろに立たないと…。」

さらに、浅井の盗塁に
「あかんですよ。いらんことしない方がいいですよ…。」
「もー、ぶつけられたらどーするんですか…。」

その後、浅井はさらに3塁へ盗塁を試みるが、藤川が空振り三振し、3アウトチェンジ。
「あれは、あかんですよ。…もー…いらんことしないほうがいいですよ。」

阪神にはもう一人の熱血監督がいるようです。

バラエティー番組に高いギャラが出せなくなっている朝日放送ですが、野球中継は、実況・解説にここ以上のスタッフを揃えている放送局はないと思います。

2009.09.15

水仙(摂津本山駅前)

掃除をしていたら、机の引き出しの奥から懐かしいものが出てきた。
もう20年ほど前に何度か訪れた、水仙という摂津本山駅前の洋食レストランのマッチだ。
ハンバーグがおいしかったのが記憶に残っている。

R1017913

何年か前に、ふと言ってみたくなって摂津本山駅前を車で通ってみたが、店がなかったどころか、こじんまりとしていた駅前が、ビルに囲まれ近代的になっていた。
間に震災があったから、この辺も大変な状態だったのだろう。

どこかに移転したのかもしれないけれど、
今となっては探す当てもない。

2009.09.13

ちく満(ま) でそばを

ちく満(ま)<br />
 でそばを
岩波文庫の「小さいおうち」みたいな感じ

ちく満(ま)<br />
 でそばを
一人一人木箱に入れた出されます。

ちく満(ま)<br />
 でそばを
早く食べないと、くっついてしまいます。

阪堺電車の宿院電停交差点の南西に、電車道からコンクリートの要塞が見えたら、それは「ちく満」という堺ではそこそこ名の通ったそば屋さん。
メニューは「あつもりせいろ」の1斤(800円)か1斤半(1000円)で、おみやげにもできる。
木の箱に入った熱い釜上げそばを濃いめのだしと生卵を混ぜた付け汁で食べる。

時々は、話の種に立ち寄りますが、値段を考えれば極めて美味いというほどではなく、まあまあです。

2009.09.11

浜寺から阪堺線に乗る

堺で堺市内と言えば、環濠の中の旧堺を指すことが多い。
今日はその堺市内の寺地町で会議があり、浜寺公園駅で阪堺線に乗り換えて行くことにした。

浜寺から阪堺線に乗る

浜寺公園は、昔は海水浴で賑わった別荘の町だったけれど、今は見る影もない。文化財になっている立派な駅舎がわずかにその名残を残している。

浜寺から阪堺線に乗る

浜寺から阪堺線に乗る

浜寺公園駅から海に向かって1分ほどで阪堺電車の「浜寺駅前」駅に着く。ここで天王寺からの路面電車が折り返す。

2009.09.09

ひつじ雲(高積雲)

羊雲(高層雲)
秋です。

電車の乗車位置

電車の乗車位置
南海電車の乗車位置の標。つまり、ここへ並びなさいというサイン。
南海は、通常の4扉車は緑か赤、橋本から高野山までの急カーブの続く山岳路線に入る、車両が短い2扉車は黄色に並ぶ。どっちが来るかは時刻表に表示されている。

ところが、伸びきった連結部が戻るのか、後方の車両では扉1枚分ずれて停まることが頻繁に起こる。
こんな時、普通の感覚の人なら、「多少ずれようが、ここへ並ぶもの」と思うもの。
しかし最近は、ずれた扉の反対側から何食わぬ顔をして乗り込んだり、もっとすごい人になると、予めずれを見越してそこへ並ぶ。
注意しても、「ここが本当の停車位置。いつもずれるんだよ。」と玄人気取りで、掟破りをしている認識は全くないようだ。

名取裕子の顔が浮かんだ

名取裕子の顔が浮かんだ
北極のアイスキャンデーに期間限定でカップが売られていた。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »