« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.24

3回目

3回目
次のつぼみが見えないので、今夏はこれが最後かも。

2009.07.13

仕事無いように見えたのかな

仕事無いように見えたのかな
今日明日は仕事で東京にいる。
仕事をおえて、友人に会うために蒲田駅で待ち合わせていたら、求人情報を配られた。
アッキーナ似のかわいい子だったが、複雑だ。
(も)

2009.07.09

携帯電話のカメラ

携帯電話のカメラ
走っている電車の中から外の景色をとったら、とんでもない絵になってしまいました。

Nelli Kim(ネリー・キム)

Nelli Kim(ネリー・キム)
コマネチ全盛の頃、ソビエトにネリー・キムという体操選手がいたのを覚えていますか?
名前からわかるように、キムは朝鮮系のタタール人。
アンドロイドのようなコマネチの無駄のないスタイルに比べ、少々ぽっちゃりでアジア体型のキム。

当時敵国のようなソビエトの選手ではあったけれど、クラスでキム派のグループもありました。
かくいう私も、日本人に近い顔に中央アジアのエキゾチックな目をした、おまけにショートカットのキムにぞっこんでした。

最近ふと思い立って検索してみると、ネリー・キムは体操界の大御所になっていた。
しかし、ヒットした昔の画像を見ても、どうして当時超カワイイと思ったのかがわからないくらい普通の子だった。
不思議です。

2009.07.07

かつおたたき定食

かつおたたき定食
かつおたたき定食(1000円)「花あかり」

りんくうタウン駅下のきれいなお姉さまたちが切り盛りする食堂
夜は件のお姉さま方が着物+割烹着に変身して、仕事帰りの酒飲みのお相手をしてくれます。

さて、今日はかつおのたたき定食が1000円→800円だったので、それをいただく。
かつおのたたきにつきもののニンニクもたっぷり。
昼間っから残さず全ていただきました。
しかし、薩摩っ子ラーメンのニンニク入りを食べた翌日は死ぬほど匂うのに、全く匂わない。
なぜだろう?。

2009.07.06

ハイビジョン放送の端が切れる

ハイビジョン放送の端が切れる
家のテレビはシドニーオリンビック前に買った1080i対応の東芝28ZP30。
初めて見たハイビジョンの画面は美しかった。金メダルをとったQちゃんは光輝いていたし、夏の高校野球のマウンド上の投手は浮き上がって見えた。

今では、それにもなれたが、最近、画面の左右の端が2センチずつ切れることに気が付いた。
画面サイズはアナログ放送を受信しているときしか変更できないし、メニューで色々設定を変えてみたが、お手上げだ。

2009.07.05

花の命は短くて

花の命は短くて
開花から3日目、本名(睡蓮は通称名)の未(ひつじ)草らしく、未の刻(午後1〜3時)を過ぎると花が閉じ始めた。
そして完全に閉じたら、今度は徐々に傾き始め、夕方には半分くらい水面に沈んでしまった。
よく見ると、根元から新しい蕾が顔を覗かせている。
どうやら、後身に道を譲り、明日はもう咲かないつもりなのだろう。

2009.07.02

咲いた咲いた

咲いた咲いた
今朝の蕾が開いた。色はやはり清々しい白。
極楽浄土とは大げさながら、荒れた日常の中で安らかな気分になるひととき。

ところで今年の盆は平日も高速料金1000円にするそうだが、とてつもなく馬鹿げた政策だ。
「中国道は宝塚を先頭に42キロの渋滞」
毎年盆には黙っていてもたくさんの車が出る。
むしろ割引措置をしないか、せめてピークを分散させるような設定にするべきだ。

私は1000円払ってまでして渋滞の中の人にはなりたくないな。

まもなく開花

まもなく開花
蕾の隙間から白い花びらが見えるようになった。

週刊鉄道絶景の旅

週刊鉄道絶景の旅
週刊鉄道絶景の旅
定期講読するつもりはないが、附録の国鉄時代の乗務員用の路線図の復刻版に目が眩んでつい買ってしまった。
昔の路線図なので、大阪環状線の西側がなかったり、現在の紀和駅がまだ和歌山駅を名乗っていたりと興味深い。
小学生の頃、これによく似た蛇腹状の、確か日本鉄道旅行地図という名前の路線図を本屋で買ってもらい、それこそボロボロになるまで見て楽しんだものだ。
当時、奈良の吉野の奥あたりに丸で囲まれた天王寺の文字があり、変だなと全国を見渡すと、東京、高崎、長野、名古屋の位置がおかしいし、さらに新居浜あたりには四国の文字が。
その理由がわからぬままきたが、今日見ていて謎が解けた。
なんのことはない当時の鉄道管理局名が書かれただけだった。
しかし、どうしてそんな簡単なことに気がつかなかったのだろう。

2009.07.01

焦らずじっくり

焦らずじっくり
3年目の睡蓮に初めて蕾がついた。
大きな鉢に植え替えたのがよかったのか、それとも単に年数なのか、今年は去年より大きな葉がたくさん水面へと伸びていたので期待はしていた。

中のメダカの方は産卵と孵化を繰り返し、順調に増えている。もう少し増えたら裏の水路に戻してやろう。

一方、政治の世界では、じっくり育つのを嫌ったのか、功を焦って株が大暴落しそうな知事が2人。
PRしかしていない宮崎はともかく、地方分権だ、国の権限をよこせと言いながら、市町村には府への盲従を強いる大阪の知事

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »