« 高野山へ行きました | トップページ | ラストフレンズ最終回 »

2008.06.08

猪名川河川敷を歩く

六甲山方面へ行こうと家を出たが、JR神戸線のダイヤが乱れているらしいので、
新三田行きに乗り川西池田で下りて、前から機会があれば行こうと思っていた猪名川河川敷に行った。


以前の福知山線はDD51が引くナス色の客車列車が尼崎から大きく南へカーブした築堤をゆっくり東海道線を越えていたが、今はスピードの出し過ぎで事故が起こるほど高速路線になっている。

R0016703
尼崎を過ぎると東海道線(JR神戸線)を越えて進路を北へ。

塚口手前に見える脱線事故現場は列車が激突した部分が割れたままのマンションがそのまま建っている。
子供の頃乗っていた阪急神戸線の電車から単線で工場の横を北へまっすぐにどこまでも伸びる福知山線が見えたが、運悪く一度も実際に列車が走っていたのを見たことがなかった。
その三菱電機の工場を右手に走る区間ももちろん複線だ。
車窓をながめながらそんなことを考えていると、ほどなく川西池田に到着。
川西池田駅から東へ10分ほど歩くと猪名川にでる。
今日は、ここから南下してとりあえず伊丹空港の横まで行って、余力があれば神崎橋当たりまで歩いてみたい。

R0016704
阪神高速池田線をくぐる(後方はたぶん五月山)

子供の頃の武庫川の河川敷もそうだったが、
猪名川河川敷のグラウンドも少年の野球やサッカーの試合が行われていた。
保護者の皆様方、暑いなかご苦労さんです。

1時間ほど歩くと土手の外側に建物が無くなり、飛行機が至近距離から飛び出てくる。
空港だ。

R0016707
伊丹市側は公園になっていた。

土手に上がって空港をながめると、ターミナルビルの反対側が賑やかになっている。
空港の柵ギリギリまで公園に整備されていて、子供連れやカップルでいっぱいでした。
夜は遊歩道に埋め込まれたLEDが光ってきれいなんだそうです。

以前伊丹空港周辺に飛行機を見に来たときは、関西空港開港前だったため、
たくさんの飛行機を見ることができたが、
今は国内線の飛行機が時折離着陸するだけで、
しかもボーイング747ー400とかの大型飛行機は見あたらず中型機ばかり。

最後は、ぐるーっと南側へ支流の千里側沿いに回り込んで、頭上すれすれを着陸していく場所で見ることにした。

Dvc00142
千里側の土手

もちろん着陸コースの真下で見るのがお約束です。
スゴイ迫力です。


« 高野山へ行きました | トップページ | ラストフレンズ最終回 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128909/41688522

この記事へのトラックバック一覧です: 猪名川河川敷を歩く:

« 高野山へ行きました | トップページ | ラストフレンズ最終回 »