« 山の道具(片桐のサブザック) | トップページ | 素敵な血小板(その後) »

2008.02.05

車掌のキモチ

 今朝、通勤電車が停車予定のない駅で突然停止した。
 急病人なのかと思ったが、一向にドアが開く気配がなく、単なる停止信号かと思っていたら、「ただ今線路内に人が進入しておりましたので、急停止致しました。」と車掌がアナウンス。人騒がせなヤツもいるものだ。しかし今日の車掌はさらに、「お急ぎのところ、ご迷惑をおかけしております。ただ今前方の線路内に人が進入しておりましたので、急停止致しました。急停車をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。」と詫びの言葉を繰り返した。

 おいおい、悪いのは線路に入った輩で、運転手は事故を防ぐため急停車したから謝る必要はない。いや客が増長するから謝ってはいけない。
 そもそも車内アナウンスはおかし過ぎる。

 「長らくのご乗車お疲れ様でした。」はともかく、「お急ぎのところ、込み合いまして誠に申し訳ありません。」などは、混み合うのはみんなが同じ時間帯に通勤するからであって、これも鉄道会社に落ち度はない。
 やはりここは、こんな風にアナウンスしてほしいものだ。

 「お急ぎのところ、混み合っておりまして、誠にお気の毒です。」

« 山の道具(片桐のサブザック) | トップページ | 素敵な血小板(その後) »

鉄道・乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128909/17960523

この記事へのトラックバック一覧です: 車掌のキモチ:

« 山の道具(片桐のサブザック) | トップページ | 素敵な血小板(その後) »