« 白い巨塔(田宮二郎・山本學版) | トップページ | BSニュース 島ひとみ »

2007.11.25

紅葉の槍穂高日帰り

 六甲全山縦走大会の騒ぎも収まったので、再び六甲へ戻ってきました。

 今日は、杣谷から穂高湖、そしてシェール槍などを巡り、トゥエンティクロスを通って布引に下りてくるコース。
 いつになく早寝早起き、と言っても阪急六甲駅9時前出発。
 

 阪急六甲駅から登山口まではバス道を歩く。地域がら、「暴力団追放」の大段幕の張られた住宅街をぬけ、急坂をのぼり登山口へ。

 R0015593
 護国神社のフリマの間を抜ける

 神戸は海から山までの距離が短いので、住宅地のすぐ裏に登山口がある。休日は早朝からジジババの大群が「ギャハハハ!!!」と騒ぎながら山へ吸い込まれていくんだろう。

 毎度の事ながら登山口付近住民の皆様には大変ご迷惑なことと同情申し上げる次第。

 さて、9時すぎと言えば登山者はほとんど居らず、いつもどおり静かな登り出しですが、いきなり道を間違え、一本西の道をとって行き止まりになってしまった。

 R0015595
 この洋館に出くわしたら道間違いです(神戸大学関係施設)

 さて、気を取り直して、正規の登山口の橋に到着。

 R0015599

 はじめは階段、すぐに緩やかな山道にかわり、左上に摩耶ロープウェイの駅が見える草っぱらに出る。ここを左にとれば「山寺尾根」、右へ行けば目指す杣谷(カスケードバレイ)だ。

 R0015603_2
 写真の道は山寺尾根に続く

 いつものように目の前に見える景色と地形図を照らし合わせていると、70歳以上と思われるおじいさんが「谷筋はしんどいですから、摩耶山から道路を通って行かれた方が・・・」と親切にアドバイスしていただいた。
 しかし、それが今日のメインなので礼だけ言って進路を右へとる。

 R0015611
 贅沢な石段が続く

 道は良く整備され、標識も適切だった。前回の油コブシへの道では急峻な旧道と緩やかな新道の分岐点にある標識がいたずらされ反対に書き換えられていたが、訪れる人が少ないせいか、ここはそんなことはない。
 石段の数は数えなかったが、石段の間隔が適切で、金剛山や愛宕山のように間隔が開いているため階段を上がる足がずーっと同じということもなく、楽々1時間ほどで杣谷峠に着いてしまった。

 R0015625
 峠のトイレ(きれいな水洗)と休憩所

 目の前は六甲山牧場から摩耶山への道路が通っている。そこをわたり、信州の合宿地にあるような森を抜けると、しずかな湖が広がった。穂高湖だ。
 今日は風も雲もなく湖面は波一つなく、紅葉と対岸のシェール槍が逆さに映っている。大気のもやのせいか、映っている紅葉や山の方が綺麗。

 R0015629
 中央のピークがシェール槍

 湖の周囲には遊歩道が設けられていて一周できるので、休憩もそこそこにシェール槍を目指して出発し、ぶらぶら5分ほど歩けば先ほど写真をとった地点の対岸に到達。そこから槍のピークハントに挑戦。といってもこの槍は、ほんの2〜3分ほどで上れてしまった。

 R0015633
 親切な標識がわかりやすい

 シェール槍は独立峰(笑)のため360度に視界が広がる。東には六甲山牧場も見えた。

 R0015635
 西に聳える新穂高

 R0015638
 あっさりとした頂上の標識

 下の方から人が上ってくる気配がしたので、槍の穂先で5分ほど休憩し下山することにした。
 ここからは、シェール道を西へとり、桜谷出合から徳川道〜トゥエンティクロスを通って市ガ原を抜けて布引に下りていこう。トゥエンティクロスは、生田川の源流に沿って下りてくる道のことで、別名二十渉と言われ、何度も川を渡る。二十渉といいながら途中の案内板では19回と説明されていた。

 R0015652
 ここの橋代わりの石は4つ積むのが基本らしい

 ところどころ河原が広がっているところでは、デイキャンプを愉しむ家族づれや団体がちらほら。その頻度が増して途切れることがなくなってくると、ほどなく市ガ原。広大な河原にたくさんのバーベキューの煙が立ち上る光景が目に入ってくる。

 R0015679
 記念写真を撮る人(雄滝)

 いつも思うことだけれど、滝って写真を撮ってはいけないような気が・・・。

 R0015681
 地味だがこちらのほうが美しい(雌滝)

 ここから、布引貯水池・ダムの横を抜け、布引の雌雄の滝を眺めながらのんびりと歩いて今日のゴール新神戸駅到着。

 天気もいいので、そのまま三宮までクールダウンのつもりで歩いて行くことにした。

 
 


 


 

 

« 白い巨塔(田宮二郎・山本學版) | トップページ | BSニュース 島ひとみ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128909/17189638

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の槍穂高日帰り:

« 白い巨塔(田宮二郎・山本學版) | トップページ | BSニュース 島ひとみ »