« 同じ料金 | トップページ | そろそろ丸坊主が反省ってのやめないか »

2007.10.07

高取山でぼっかけうどん【長田区】

 色々あって、久しぶりの山。
 7月始めに妙見山に行ってからだから、2ヶ月のご無沙汰でした。

 最近は「小さな山からコツコツと」をモットーに登っているわけではないけれど、今日は以前省略した須磨アルプス・横尾山と菊水山の間を埋めるべく「高取山」。

 須磨アルプスの巻のゴール地点は地下鉄の妙法寺駅だったため、もういちど横尾山へ登り返して、改めて高取山を目指そうかと思ったが、「全山縦走完全制覇」を目指しているわけでもないので素直に高取山だけに行くことにしました。

 高取山へ登る人は、たいがいJRの神戸駅か兵庫駅から市バスで行くようなので、今までおりたことがない兵庫駅からのルートを選び、とりあえず大阪駅から快速にのりこんだ。

 珍しく座れた列車は、途中、尼崎、西宮、芦屋、住吉、六甲道、三宮、元町、神戸と停車し、35分で兵庫駅に到着。快速と言っても、ほとんど停まっている感じがする。特に何らかの乗り換え路線がある駅は絶対に停まっているようだ。大阪三宮間はそれだけ競争が激しいということか。

 R0015282
 昼間、電車は走っていない。

 兵庫駅といえば和田岬線が分岐するが、完全な通勤仕様のため休日は朝と夕方しかダイヤが組まれておらず、和田岬線ホームに行くことはできなかった。

 R0015283
 神戸駅を一回り小さくしたような兵庫駅

 ここから、8番系統「鷹取町行き」のバスに乗って「高取団地前」でおりるとすぐに登山口。5分ほどの待ち合わせでやってきたバスに乗り込む。

 R0015284
 高取山全景

 駅を出て2〜3分も走れば、右手に高取山が見えてきた。あと10分もすれば登山口だとか思いながら乗っていると、西へ西へとバスは進んで行くし、おまけに左へ曲がったりしながら、とうとう須磨水族園まで連れてこられてしまった。

 R0015286
 「すまのすいぞっかん」

 事前によく聞いておけば良かったのだが、8号系統は、兵庫駅と鷹取町を結ぶ路線だが、同じ系統でも高取団地経由と西代駅経由があり、乗ったのは行きが西代経由で帰りが高取団地経由のバスだった。1台あとのバスに乗れば往路高取団地経由だったらしい。

 R0015288
 もう登山客がおりてくる時刻

 そんなこんなで兵庫をでてから1時間半。通常の3倍ほどの時間をかけて登山口に到着、急いでそのまま住宅地の道を登っていく。

 R0015290
 登山道は山頂の神社への参道のため全編舗装路。

 ものの20分も登れば山頂に到着。
 距離にして1キロくらいか。その割には、茶屋がいくつもあり、輪投げ場が併設されているところもあった。休日は多くの高年齢の登山者が見込まれるのだろう。

 R0015322
 潮見茶屋

 山頂は神社の敷地らしく、遊山者は敷地外の登山道を通るようにとの立て看板が目立つ。他の看板の記述では、早朝深夜にかかわらず、大声で談笑したり、石碑に足をかけて体操をする人が多くて迷惑されているようでした。

 山頂で少し休憩しているうちに雲が出てきたので、先ほどまでよく見えなかった須磨アルプスの向こう、明石海峡や淡路島がハッキリと見えてきた。

 R0015313
 手前の山の白い部分が須磨アルプス。

 バスが須磨まで行ったときには、もうこのまま帰ろうかと思ったけれど、山の上に立って、神戸の街や海を眺めると「やっぱり来て良かった。」

 あとは、先ほど通った茶屋のメニューで気になった「ぼっかけうどん」を食べて帰ることにしよう。

 R0015320
 長田名物ぼっかけうどん(450円)


 

« 同じ料金 | トップページ | そろそろ丸坊主が反省ってのやめないか »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128909/16692485

この記事へのトラックバック一覧です: 高取山でぼっかけうどん【長田区】:

« 同じ料金 | トップページ | そろそろ丸坊主が反省ってのやめないか »