« SH703i | トップページ | 崖っぷち犬(その後) »

2007.01.28

愛宕山【千日詣】

 今日の行き先は愛宕神社のある京都の愛宕山。

 東京にも愛宕山(NHKが最初に電波を出したところ)、そしてそこにも愛宕神社があるんですが、総本社は京都。

 愛宕山へは、嵐電嵐山駅前からバスで登山口の清滝まで行きそこから長い階段を登る。

R0013356_1
まだ補修が終わっていない渡月橋

 阪急嵐山を出発して5分ほどで、バス停が見えてきた。

 いくら何でも坊村の時のようなことはないだろうと時刻を調べてこなかったので、少々不安な気持ちになりながら急ぐ。

 するとその横を、お約束どおり清滝行きの京都バスが追い抜いていく。


  「なぁ〜にぃ、やっちまったな!」


 クールポコの真似してる場合と違う!急がんと!、と思うが登山靴で走っても進まない。

 いつもながら高校の運動会でクラブ対抗リレーの山岳部の面々の気持ちがわかる瞬間。

 幸い、乗車する方々が多かったので何とか車中の人となることができたが、ほっと一息ついて周りを見渡すと・・・うっ、平均年齢が高い!

 バスは10分ほどで清滝に到着。

R0013358
鳥居をくぐって、さあ出発。

 早速の急斜面の階段に金剛山を連想するが、自分的には歩きやすく、他の山では先を急ぐ年配の方が多いのに、ここではこっちが抜く方に回るくらいだ。

R0013366
大杉大神

 山頂の愛宕神社まで40丁の道のりの1丁ごとに非常時の位置情報を兼ねた看板があり、どのくらい登ったかわかりやすい。

F1000085
続々と上がってくる

 最後の石段をあがり、お昼前に愛宕神社に到着。

F1000084
愛宕神社

 一通りお参りして、もと来た道を「水尾の別れ」まで戻り、そこから林道を嵯峨水尾へと下りる。

 水尾は柚子の里として有名、柚子風呂と水炊きを提供する民家が多くあるものの、いずれも「4名からの予約」が必要なようで、今回はパスして舗装路をそのまま保津峡駅まで歩くことにした。

« SH703i | トップページ | 崖っぷち犬(その後) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SH703i | トップページ | 崖っぷち犬(その後) »