« 坊主頭にしたら反省? | トップページ | 美味しんぼ »

2007.01.20

坊村〜武奈ヶ嶽〜比良駅

 年末の大失態を取り返すべく、再び雪の武奈ヶ岳にチャレンジしました。

 曇りの予報がはずれ、雲はあるものの晴れ間がひろがる、気持ちの良い雪陵歩きを堪能できました。

R0013260_3

 9時過ぎ、雪のない葛川坊村を出発。

 最初の1時間は林の中の単調で退屈な急登。

 でもウォーミングアップには最適。

 わずか10分で上着はザックの脇、さらに、ワサビ峠に着く頃には体中からの湯気でメガネが曇るほど。

R0013265_1

 例年は雪の下の枝が胸の辺りにくるので、しゃがんで潜ることを余儀なくされ、少し凹みながらもだいたい予定通りの12時前に御殿山到着。

 蓬莱山、武奈ヶ岳などがよく見える。

R0013287_1

 出会う人ごとに、「良い天気になりましたねぇ。」など挨拶しながら、水分補給やカロリーメイトなどつまんで5分ほどで出発。

 ここから一旦下ってまた登り返すと西南稜。

 気持ちの良い稜線歩きの後、12時半武奈ヶ岳山頂着。360度遮るものがない展望をしばらく楽しんで山頂をあとにする。

R0013311_2

 当初は坊村へ降りる予定だったが、天気も良く風もないので八雲ヶ原から北比良峠を経て比良駅へ降りることにした。

R0013318

 武奈ヶ岳から東へ樹林帯の中を15分ほど歩けば旧比良山スキー場の一番上に出た。ここからスノーシューに履き替えてスキー場を下っていく。

 スキー場はヒュッテやリフトなどの設備が完全になくなっていて、代わりにスキー場が作られる前にあった湿原が復元されていました。

R0013321

 3年前までは、ここから緩斜面のリフト、少し歩いてロープウェイと麓へ降りるリフト、そしてバスを乗り継いで帰ったものでしたが、今は全部歩き。

 バスが15時台に1本、次は17時台に1本しかない坊村への下山と違い、比良駅へのルートは、いくらでも電車は来るので気分は楽。

 このあと、琵琶湖側の登山口イン谷口へ降りて比良駅から電車を乗りついて大阪へ帰る。

« 坊主頭にしたら反省? | トップページ | 美味しんぼ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坊主頭にしたら反省? | トップページ | 美味しんぼ »