« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.30

F902i復活

 先月、バナナの皮滑りで傷だらけになった携帯電話が、先週あたりから頻繁に発着信の際に再起動を繰り返すようになったんです。

 やっぱ、落としすぎかなぁと思ったものの、1年以内ということもあり、同じ機種で同様の不具合が出ているかも知れないし、だめもとでドコモショップに持ち込んでみました。

 店員さんの前で運良く不具合が発生したので、「不具合は現認できました。」、「破損も・・・(例の傷を見ながら)・・・、まあこの程度なら大きな者ではないし交換しましょう。」とのこと。

R0013098
新品になりました。

フセインは立派

 フセイン元大統領の死刑直前の姿は「観念した様子」と報じられた。

 でも、こんな失礼な話はないと思う。

 中国や北朝鮮より不公正な状況下で行われた裁判ではあったが、下された判決に対する元指導者として立派な態度じゃないか。

 それとも、お茶の間の人々が、チャウシェスクのように取り乱したり悪あがきをする様を期待しているのでも思っているのかねぇ。

サダム・フセイン氏の死刑に思う

 「一人殺せば人殺し、数千人殺せば英雄。(ポーテューズ)」

 しかし、第2次世界大戦の処理がそうだったように、戦争の結果にそのベクトルの方向は大きく左右される。

 「人の命は地球より重い(故福田赳夫元首相)」のはもちろん。

 フセインが良い人だとは思えない(それすらアメリカの捏造かも知れない)が、

 もし、

 イラクが産油国じゃなかったら?

 アメリカの大企業のオーナーだったら?

 イスラム教の国じゃなかったら?

 今と同じ結果にはならなかったでしょ?

 150人のクルド人を殺した罪でフセイン1人とっつかまえて死刑にするのに、ブッシュはその何十倍もの罪もない人を兵隊さんに殺させたことを考えると、スカッとしないものがありますな。

 いっそ、

 チベットを侵略して多くのチベット人を殺し未だ占領を続けている中国。

 金王朝の永続のために多くの人民が殺されている北朝鮮。

 そして数え切れない回数の国連決議を無視し続けるイスラエル

 についてのジョージぼっちゃまのご意見も賜りたいと思います。

 おっと、晋三ぼっちゃまの意見は結構ですよ。

 どうせ、自分の考えなんてないんでしょうから。

 

2006.12.28

阿倍野橋駅付近某所にて

阿倍野橋駅付近某所にて

呑みすぎました。
眩しいです。

2006.12.24

ポケモンスタンプラリー

2006.12.23

野田阪神駅2番線の謎

野田阪神駅2番線の謎

 ずいぶん昔から時刻表の欄外には、「★印は野田阪神駅の2番線に到着します。」との注釈は記されていました。

 まあ、こういうことだろうと推測してはいましたが、これほど永く他にどういう意味か尋ねる人がいなかったのかしらねぇ。

 今度乗ってみて、その不便さを確かめてみることにしましょう。

武奈ヶ岳(予選敗退)

 今朝は5時に起きて張り切って出発。
 当初の予定では、湖西線の堅田駅から江若バスで行くつもりでした。

 ところが、予定より早く家を出たので、淀屋橋からはとのマークの京阪特急で出町柳に行って、そこから京都バスで行くのもいいのではないかと思い、急遽予定を変更したのが運の尽き。

続きを読む "武奈ヶ岳(予選敗退)" »

2006.12.22

PiTaPaでICOCA

大阪市交通局のPiTaPaキャラクタの「ぴたポン!」が手に持つ二枚の葉っぱ。

一枚はPiTaPa、そしてもう一枚は?

続きを読む "PiTaPaでICOCA" »

2006.12.21

亀田は永遠に八百長小僧

 昨日、亀田が初防衛を果たしたらしい。

 今日のスポーツニュースでも繰り返しその映像が流されている。

 でも、防衛したのはジムや周囲の人の財布なんじゃないか?

続きを読む "亀田は永遠に八百長小僧" »

2006.12.18

SOFTBANKの携帯マナー

 ハリウッド女優らしいが、歩きながら携帯で大声で話すのがマナー違反かどうかはともかく、やっぱり品がないCMだ。

 

SOFTBANKがいじめを推奨

 「あとで電話するね」
 四人の女子高生の会話。
 うち一人が、すまなそうに、「私はいいよ。お金がかかるから。」
 他の子たちが今気づいたように、「あっ、そうか、ソフトバンクじゃなかったんだったね。」
 ソフトバンクじゃなかった子は「…ごめんね…」
 すると、「謝らなくていいよ。悪いのは○○ちゃんじゃないから。」

 ・・・初めて見たとき、「陰湿ないじめの例をACがCMにしたんだな。」て思ったほど不快でした。

続きを読む "SOFTBANKがいじめを推奨" »

2006.12.17

ルミナリエ(やっぱり悲しい)

 六甲山の帰りに有馬温泉で汗を流して、さあ、このあとはどうやって帰ろうか思案したあげく、久しぶりのルミナリエ見物に繰り出すことにしました。
 有馬温泉駅から神戸電鉄に乗り、有馬口駅で三田方面からの新開地行き準急に乗り換え、元町をめざします。

続きを読む "ルミナリエ(やっぱり悲しい)" »

2006.12.16

六甲山頂のミッキーマウス

 前夜、武奈ヶ岳に行く予定で目覚ましの携帯アラームを5時にセットして寝ました。
 こういうときは、大概アラームが鳴る前に目がさめるもので、実際、アラームが鳴る前に目が覚めました。

 外はまだ暗い。ザックの中身の確認をしたり、食事をしたりしながら、時計を見たら3時すぎ。

 えっ?

 床についたのが、0時すぎだったので、3時間ほどしか眠っていなかった?。
 二度寝が危険なことは十分解っていたのですが、睡眠不足で山に登るのも、あとが怖い。
 迷ったあげく、もう2時間寝ようと再びふとんに潜り込んだのが大失敗。

続きを読む "六甲山頂のミッキーマウス" »

2006.12.11

銚子電鉄がさらに大変!!

 11月21日、銚子電鉄を救うべく発注した、「ぬれせんべい」、その後注文が殺到して生産や発送が追いつかない状況になっているようです。

 注文した際の確認メールでは、「24時間以内に発送します。」と記されていたのですが、10日ほど経った先月末、申し訳ないとは思いつつ、催促メールを送ってみた。すると、1週間後に、「予想以上のご協力をいただいていて、現在これに応えるべくフル稼働中」との内容の丁重なお詫びメールが届きました。

 本日現在、まだ届いていないわけですが、鉄道事業を守るための副業で本業がおろそかになるのも本末転倒ですので、ここは暖かく見守ることにいたしましょう。

2006.12.10

芸能人レポーターにすぎぬ

 石原真理子が攻められている。

 相手は、芸能について何の見識もない、自称「芸能レポーター」という方々。

 いろいろ論理矛盾を突こうとしているが、石原には論理的に計算して動くという高等な芸当はとてもできそうなのは、過去から学習すべきだよ。
あげく、「本に実名を書かれた人の気持ちは考えなかったのですかあっ? 」と詰め寄る。

 はぁ?

 それって、あんたたちが日頃やってることじゃねぇのかよ!バンッ!カーンカーンカーン。(そのあとマイクを拾う。)

 しかし、石原真理子もなにやって生計立ててるんだろうねぇ。

 新しいファンなんか生まれる訳ゃないんだから、せめて昔のファンの夢を壊さないよう、ひっそりと生きていって下さいよ。

2006.12.08

かどやの歩き方(常連の心得)

 自分で焼く焼肉店と違い、焼いて出されるので、話に夢中になって炭にしてしまうこともなければ、1本3切れを3本が1人前の少量メニューになっているから、食べきれずに余ってしまうこともない。
 この「安くて美味い」お店に、明るい従業員とくれば、いかにお世辞にもきれいとは言えないお店であっても、ちょっと「はまる」人が多いでしょう。

続きを読む "かどやの歩き方(常連の心得)" »

満月ポン

満月ポン

 以前書いた満月ポン。パチンコの端数玉の分で返ってきました。

2006.12.04

醜いぞ、野田聖子

 あんたさぁ、どこまで選挙民をバカにしたら気が済むのかねぇ。
 無所属で郵政民営化反対を公約に立候補したんじゃないの。

続きを読む "醜いぞ、野田聖子" »

北極星(オムライス)

 明日は弁天町のクリニックで朝から人間ドック。

 そのため、今夜は20時を過ぎたら、水分を含め、一切食べ物を口にできないので、帰宅途上で軽く食べて帰ることにした。

 さて、何を食べようか。いかにも付け焼き刃ではあるが、数値に影響するのはいやなので、味が濃いものや脂っこいものは避けておこう。

続きを読む "北極星(オムライス)" »

Edyが二重課金???

 お昼休みに、Edyの運営会社から二重課金の確認がとれたので返金するとの丁重な電話がありました。

 ことが起こったのは、11月28日の晩。

続きを読む "Edyが二重課金???" »

2006.12.03

碇山・市章山

 「いかりやま」、「ししょうやま」です。

 随分ご無沙汰ですが、場所は兵庫県庁の北、ビーナスブリッジでおなじみの諏訪山公園の上。 

続きを読む "碇山・市章山" »

崖っぷち犬

 いかにもマスコミが飛びつきそうなニュース。

 愛護団体をはじめ「優しい人間たち」は、ホームレスや虐待されている「ヒト」が気の毒な状況にあるのを見ても「仕方ない、自分にはどうすることもできない・・・」と諦めはしても、動物なら「かわいそう、(税金を使って)何とかしてあげて」となってしまうんだなぁ。

 あの犬も普通に道を歩いていたら、自治体に永遠の眠りにつかせられたかもしれないのが、3日間ほど怖い目に遭ったとはいえ、当分の間は寝食に事欠かない状態になるとは、まさに「天国と地獄」。

 自治体は、この、どこまで行っても野犬である「崖っぷち犬」を再び街に放すことも、さりとて何時までも飼育を続けるわけにもいかず、さらに、マスコミや愛護団体が監視をしているから、あの犬を体よく死んだと処理することもできず、出口が見えない日々にきっと困っているでしょう。

 ホームレスを公園から排除する自治体に対し、マスコミや人権団体が批判するのはたやすい。しかし、団体事務所や新聞社の社屋をホームレスに提供するという提案は全く聞こえてこないのによく似ている。

2006.12.02

"マック"と"ワーク"

 これ、最初なんのCMか解らなかった。

 自らの使われ方をうまく言い表しているが、使ったことがない人には何のことか解らないかもしれないね。

 自動車のサターンってイメージCMよりはマシだと思うけれど・・・。

 

品格あるよ。ガンバ大阪

 最後までプロ野球を楽しませながらも、目立ちたがり屋の道頓堀川ジャンプを阻止した阪神に続けと、ガンバ大阪もやってくれました。

 しかも、阪神より極めに極めた、見事1試合たりとも消化試合にしない最終戦での決着。




 でも惜しかったな・・・(笑)

2006.12.01

赤い下着は好きですか?

赤い下着の伝説

 なんばの高島屋でもクリスマスの飾り付けが置かれました。

 この時期のデパートの下着売場は赤一色になるのですが、これは、「よおろっぱでは・・・」ではなく、

  「ヨーロッパでは、クリスマスには恋人に赤い下着を贈る。」

という、なんば高島屋が仕掛けた「素敵なガセ」が発端となって始まったという話を聞いたことがあります。

 そりゃぁ、個別にはそういう人もあるとは思いますが、ヨーロッパで実際にそんな習慣があるわけではなく、宣伝マン(雀が三羽とまってたってーのもありましたね)が思いついたフィクションなんだそうです。

 それが虚偽広告になるかどうかは、わかりませんが、商品の機能や効果を偽った宣伝なら罪だけど、

  100%ベッドインを保証しているわけではない

からセーフだったんでしょう。

 とは言うものの、恋人でもない男や好きでもない上司から「赤い下着」を講釈付きで贈られ「ドン引き」の女性が増えたことは容易に想像できます。

 でも・・・なぜ赤なんだろう?

 私は白が好きですけどね(>_<)。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »