« 万世一系のカブトムシ | トップページ | サヨナラSo902i »

2006.07.16

大峯山 〜男の修行〜

 久しぶりに大峯山に行ってきました。
 今日登ったのは弥山(1895m)と八経ヶ岳(1914.9m)です。
 行き先は大峯山なのに・・・と疑問に思われた方々、おっしゃるとーりです。

 実は、大峯山という固有の名の山はなくて、山上ヶ岳、稲村ヶ岳、大普賢岳、八経ヶ岳等の複数の山のグループ名のようなもの。同じような山の名前としては、他に立山、穂高岳など。

 一般に大峯山といえば、女人禁制でおなじみの山上ヶ岳(1719.2m)をさすことが多いですが、実際はすべての山が女人禁制である訳ではありません。

 八経ヶ岳は近畿では一番高い山で、日本百名山に大峯山として選ばれているため、いわゆる「百名山ハンター」と呼ばれる方々は、大峯山といえば「八経ヶ岳だけ」ということになります。

 以前訪れたときは、早朝着くように出発したため、運転疲れでもうバテバテ。そのため、今回はその反省から午前0時に出発、約2時間で天川村に入る。そこからみたらい渓谷に沿ってこぶし大の石ころが転がる崖っぷちの道を、「どうか、落石がありませんように」と、祈るようにひたすら30分ほど走れば行者還トンネル西口の登山口。すぐに、後部座席を倒してマットを敷いた簡易寝室の寝袋に潜り込む。

 6時45分、やっぱり運転の後はよく眠れたせいか、さわやかに起床。
 おにぎりで簡単に朝食をすませ、登山口へ。天気は曇り、風が強いが雨はまだ降っていないので、これから往復6時間も降りませんように。

20060717

 荒天に向かっているせいか、訪れる人も少なく、予定通り登って下りて無事帰ってきました。

« 万世一系のカブトムシ | トップページ | サヨナラSo902i »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万世一系のカブトムシ | トップページ | サヨナラSo902i »