« 下がってうれしい | トップページ | かどや健在 »

2006.01.14

ニコンよお前もか

 ついにフィルムカメラ(この呼び方自体心外なのだが)部門から事実上撤退することを決めたようだ。

 マニュアルフォーカスのレンズは、標準を中心に学術研究用に数種類が、ボディにいたっては入門機が1種類、オートフォーカスのレンズは、デジタル一眼レフにも使えるのでもちろん残るのだろうが、フィルムカメラボディで残るのは最高級のF6のみで、新規には絶対買わないと思うけど修理部品の確保という意味なんだろうな。
 とりあえず残っただけでもありがたいというか、良くここまで残してくれていたと言う見方もありますね。
 
 自分が写真を始めたとき、初めて持ったカメラがNikonF2。途中浮気があったり、最近は軽量化に凝っているので、山へはGR1を持って行くことが多くなったものの、今のF5まで、ここはと言うときは、ほぼNikonのカメラとともに歩んできた。
 でも、あのハッセルブラッドもフジと提携してデジタルモデルを出しているくらいだから、この先フィルム自体の供給が先細りになっていくのは確実でしょうね。

« 下がってうれしい | トップページ | かどや健在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンよお前もか:

« 下がってうれしい | トップページ | かどや健在 »